4コメント

DeepSkyStackerでディベイヤー処理はできるの? できないの?

前処理するのに、ステライメージ以外の選択肢はないのか問題、今回も続きます。

Registaxさんは高速で処理できたけれど、肝心のディベイヤーが処理できなかった(というかやり方が分からなかっただけ?)ので、品を変えてDeepSkyStackerさんにご登場いただきます。ダークフレーム、フラットフレームも読み込めますが、前回に続き、ダークやフラットは使いません。

今回も、昨日と同じくバラ星雲180枚を使います。ちなみにPCスペックは、CPU:Core i7, メモリ:16G のWindows 10。画像の読み込みはHDDから行っています。

ディベイヤー処理にも対応しているように見えますよ。ソフトを起動後、左ペインにOptionsにRaw/FITS DDP Settingsという項目があるので、ここをクリック。画面が小さいPCだと隠れてしまっているかもしれないので、その場合はスクロールしる。ASI1600の場合は、GBRGを選択する。
DSS1.png

まずは、

(1)Open picture files...

180枚の読み込みに15秒かかりました。Registaxは一瞬だったのに比べるとちょっと劣りますが、以前のテストでステライメージ8は45秒かかったので、開く分はまだ速いほうだと思います。次に

(2)Check all
(3)Register checked pictures

とクリックして進みます。お見積りで処理に24分かかるとか言ってる。このあとにスタックもするんだけど、どんなに時間かかるんだろう? と少し不安に。お見積り24分に対し、約20分で処理を終了。次はスタック(コンポジット)です。

(4)Stack checked pictures

をクリック! お見積りで1時間かかるとか言ってる。気にしながらGO! CPUも4コアをきちんと使ってくれているようです。PCがうなり始めました。ひょっとしてステライメージの方が速いんじゃないか?  風呂沸かしてきた……。でも、なんだか想像以上に頑張ってるぞ。

DSS2.png
8分で終わった! なんのための見積もりなんだ。しかも、一見真っ白なんだが……。まあ、いいや。RGBの山をあわせて、左ペインにあるSave Picture to file...をクリック。画像を保存する。TIFFで保存される。前処理は30分で終わった。
DSS3.png
これをステライメージ8で開いてみる。こんな感じ。真っ白だと思ったけれど、ちゃんとコンポジットできてるよ。
DSS4.png
レベル調整する。トーンカーブを調整する。マトリクス色彩補正をかける。オートストレッチをかけて、それなりにできているっぽい。



この記事へのコメント

  • けむけむ

    DSSはイケそうですかぁ
    ただ、DSSって、すごーくモノクロっぽく出来るし、英語環境でWindowsにログインしないとボタン押せないのが...
    2017年03月28日 06:11
  • にゃあ

    Winの英語環境というのは、OSのフォント周りの件ですよね。これいろいろ困ります(笑) 撮影ソフトのAstroLive USB も同じで急激に使い勝手が悪くなるという……。もっと困る?のはステライメージの方がDSSより速いという……。
    2017年03月28日 07:26
  • cockatoo

    AutoStakkert!は試されたでしょうか?
    Registax同様惑星用で、深宇宙天体のアライメントに難はありますが何とかスタック可能です。
    また、カラーのベイヤー選択メニューもあります。
    2017年03月29日 07:30
  • にゃあ

    cockatooさん、コメントありがとうございます。Planetary用とDeepSky用にとソフトウエアの用途があるみたいですが、単純にAVIが読み込めるかどうかという違いだけではないみたいで、理解が及んでいません。AS2!ですね。ディベイヤーができるのは知らなかったので、近いにうちに試してみます!
    2017年03月29日 22:23