6コメント

M81の色を復元してみる

M81の色が妙に黄色かったのが気になっていました。ほかの作例を見ると、ちゃんと色があります。撮り方が悪かったのか、画像処理が悪かったのか。原因が分からないけど、とりあえず、いろいろ画像処理をやってみた。なんとなくそれらしい色は出ました。画像処理に問題があったことは分かりましたが、うーん、何がいけなかったんだろう。勉強しなければ。

m81_2.jpg

前回の処理がこちら
Messier 81.jpg


この記事へのコメント

  • けむけむ

    色出すの難しいですよね
    周囲の恒星がモノクロっぽいですねぇ
    2018年04月25日 03:56
  • あぷらなーと

    自然な色になりましたね♪

    あとは、Hαで撮影して赤チャンネルと交換・・・
    赤いプチプチを狙ってみます?
    ワクワクしますねぇ。

    ※諸般の事情で、入院が延期になった(手術前に通院治療を入れる必要が出た)ので、GWは少しだけゴソゴソできそうです。・・・さすがにメイン機材出すのは無理ですが『実験ごっこ』ぐらいなら・・・・(笑)。
    2018年04月25日 08:46
  • にゃあ

    けむけむさん、そうなんですよ。周囲の星の色が出てこないんです。現像前には色が付いているのに、処理しているうちに白くなってしまいます。星マスクですかね。加減が難しそうです。
    2018年04月26日 00:57
  • にゃあ

    あぷらなーとさん、赤いゼリーが食べてみたいです。Hαで撮った画像をRに充てるときのブレンド?っていうのでしょうか。それもやり方含めて勉強してみようと思います。GWのゴソゴソ実験は何が出てくるのでしょうか? いまから録画準備しておきます(笑)
    2018年04月26日 01:00
  • 処理しているうちに星色が消えていく>あるあるですねえ。
    自分も何とか星の色を残したくて最近はマスクも多用していますがそれでもなかなか思うようにはいかないことが多いですね。モノクロ冷却カメラをお使いなのでフィルターワークで色は出し易いと思っているのですがそうでもないのですね。
    勉強になりました。
    2018年04月26日 12:55
  • にゃあ

    Gさん、マスクを使っても色が思うようにならないですか。試行錯誤重ねてみます。

    >フィルターワークで色は出し易い
    今回の遠征では冷却カラーカメラを使いました。LRGB撮影は、次の新月期にやってみたいと思っています。思った色が出ますかどうか。またレポートさせていただきます!
    2018年04月27日 00:42