4コメント

Bailly

バイイ(Bailly)クレーター。取り立てて好きなわけではないけれど、月をのぞいたらどこかでみかけたクレーターが映っていたのでそのまま記念撮影。全体の形がうっすらと分かる。R200SSに5倍バローを差し込んでQHY5III178Cで撮った。フルサイズ換算20000mm相当。
Bailly.jpg


この記事へのコメント

  • オヤジ

    月も数回撮影しましたが、皆さんが言ってられるシーイング。
    確かに、夜によって違いますよね。
    最近、やっと解ってきました。鈍感オヤジ(笑)
    所で、これは、1枚ですか。画像処理されてますか。
    凄いですね。
    2018年04月30日 06:55
  • にゃあ

    オヤジさん、ありがとうございます。シーイングの見極めによって鏡筒を選ぶってところが難易度が高いです。望遠鏡を覗かずにシーイングが分かるようになるには数年かかるとかで…。月面はSERのスタックです。たまには月面も面白いですね。
    2018年04月30日 13:28
  • オヤジ

    明るい夜空でも、楽しみが増えて喜んでます。
    そうですか、SERファイルラジャー
    2018年04月30日 15:51
  • にゃあ

    オヤジさん、細かいデータ捨ててしまったので分からないですが、1024*768でROIしたのは覚えてます。はじめからトリミングするつもりなら、月面でもはじめからチョキチョキした方が処理が速くてよいですよ~
    2018年04月30日 16:12