13コメント

天体撮影ソフトAPT(Astro Photography Tool )が案外使いやすいかも

けむけむさんがAPTというキャプチャソフトでディザリングできるかもっていう情報を掴んでこられたので、APTをインストールしてみた。いつもはSharpCapを使っているんだけれど、挙動不審な場合もあるので、APTが良ければ乗り換えも検討する。SharpCapはシンプルで使いやすいけど、APTも親切さで負けてないような気がする。星図マッチングができる機能なんてのもあるし、いいかも。どこかにクイックスタートガイドなんてないかなあ。私の場合は、ASI1600 MC-COOLで使いたい。

縮緬シマの対策を考えてみる
http://lqz.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-825e.html

ダウンロード:APT公式
http://www.ideiki.com/astro/Default.aspx

APT.png

まずは導入をしてみるよ。ASCOMのドライバをインストールしておく。念のためカメラのUSBプラグは抜いておく。インストールが終わったら再起動する。

ASCOMドライバ
https://astronomy-imaging-camera.com/software/

ツールチップは日本語化が可能。ダウンロードしたら、本体と同じフォルダに突っ込んでおく。APTを起動すると、観測地の緯度経度を入力するように促される(あとで設定変更可能)

カメラのUSBプラグをさす。はじめてのカメラの場合、どのカメラを使うのかダイアログがでてくるので「property」をクリックして指示に従う。

操作は基本的に画面右側の「Camera」「Gear」「tools」「img」の4タブで行う。
「Camera」は撮影
Planは撮影計画に使う。最初面倒だけど、一度設定したらあとは使いまわせる(カメラによって設定項目が異なると思う(DSLRならISOが設定できるとか)。露出時間(秒)、BIN、撮影後の一時停止時間、撮影枚数、フィルタ番号を予め登録しておく。「Shoot」で撮影開始。ピントをあわせるときは、Live Viewを使うのがいいのかな。

「Gear」はフィルタホイールなどの周辺機器制御
私の場合、ホイールとかフォーカサーは持ってないから設定しない。

「tools」はピント合わせとか冷却温度の制御
使ったことがないツールがたくさんある。バーティノフマスクを使うときやピント合わせの類はここで行う。冷却温度はターゲット温度までちょっとずつ下げて行ってくれるのが親切(結露対策)。メーン画面のルーペ機能みたいなのもここにある。観測地の緯度経度やAPTそのものの設定もここ。ドリフト法による極軸合わせもできる(DARV)。

「img」は画像保存先と保存イメージの閲覧
SharpCapと違って、撮影したフレームのプレビューをここで確認できる。FITとは別にJPGで保存するみたい。どこに画像を保存するかファイラー(エクスプローラー)みたいになってるのがいい。

SharpCapは惑星撮影用、Astro Photography Tool はディープスカイ用と紹介されるけど、どっちがどう違うのかよく分かってない(APTの露出はミリ秒を想定してないとかかな?)。で、M-GENを使ったディザリングができるかどうかは、けむけむさんが検証してくれるはず(他力本願)。

M-GENをAPTから使うために

(1)M-GENのファームウェアを2.04以上にしておく
https://teleskop-austria.at/index.php?produkt=MGEN
(2)M-GENとUSBの接続のために D2XXドライバをインスコしておく
http://www.ftdichip.com/Drivers/D2XX.htm
(3)M-GENのメニューで “Application Mode”にしておく

の設定はしておかないといけないらしい。お空が曇っているので、今日はここまで。

関連記事
APTの使い方:プランの撮影順序を理解する
http://tentaip.seesaa.net/article/454337987.html

"天体撮影ソフトAPT(Astro Photography Tool )が案外使いやすいかも" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: