10コメント

極軸のアバウトなAP赤道儀をPHD2でガイドしてみる

久しぶりに空が暗い。飲んで帰ってきたけれど、部活することにした。北アメリカ星雲でも撮ってみようかと思ったところ、ベガとアルタイルが見えてもデネブが見えない。東京の空はやっぱり明るい。

北アメリカ星雲を撮影する前に確認することがあるので、この日はAP赤道儀とPHD2のセットでオートガイドのテストをすることにした。HIROPONさんがマニュアルの翻訳をされていると知り、頭が下がる。ありがとうございます。

暑いのでアイスを食べながら作業する。撮影ログを見ると気温(というかカメラのセンサー)は35度だった。さて、私のAP赤道儀は、赤経側だけがドライブになっているので、一軸仕様でガイドすることになる。ガイドカメラはQHY5III174Mで、ガイドレンズはQHYCCD コンパクトガイドスコープ Cマウント(fl=130mm D=30mm F= 4.3)を使う。

ベランダでは北極星を捉えることができないので、いつもポーラーメーターでアバウトな極軸設定をしている。確認することは、適当な極軸設定でもガイドが効くかどうかという点。逆に言うと、ガイドが効くところまで追い込めるようになること。

撮影にはSharpCapのLiveStackを使った。PHD2の使い方はHIROPONさんのサイトに詳しく書いてあるので、何も迷うことはない。撮影エリアは適当。たぶん夏の大三角のなか(追記:こぎつね座だった)。ASI1600MC-COOLの冷却抜きで撮影にかかる。
Stack_87.jpg
まずは、ガイドなしで撮影する。1.5秒の露出で87枚をスタックした。私が言うところの“パンの耳”が大きい。右側と上からズレが黒くなっているのがよく分かる。右側の黒い帯が、赤経側のズレ。

電線越え.png
次、PHD2のキャリブレーションを終えて、同じく1.5秒の露出で87枚をスタックした。この間、ガイド星の電線超えを経験するのだけれど、何回かアラートが出たあと、無事にガイドを再開できた。これは心強い。
Stack_87_2.jpg
スタック後の画像をみると、赤経側のズレは小さくなっている。多少のズレがあるのは極軸の追い込み方によるのかな。赤緯側のズレは変わらない。このあたり、PHD2のアラートを見ながら微調整していく必要がありそう。まだ高度が高いのだと思う。

赤緯体にもドライブをつけてWD仕様にすれば精度があがりそう。ただ1時間とか撮影すると、やはり“パンの耳”は大きくなりそうなので努力は必要。久しぶりに赤道儀をベランダに出したわけだけれど、ガイドが効いていることが確認できたので、今日のところはよしとする。

一枚目の写真は、こぎつね座のこのへんでした
2200360.jpeg
1334059.png

"極軸のアバウトなAP赤道儀をPHD2でガイドしてみる" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: