6コメント

SAO画像の色相シフト

M42-SAO.jpg
昨晩撮影したM42があまりにもクリームソーダな仕上がり。ちょっとでも食欲を増進させる方向に色を持っていく方法があると聞いたので、やってみることにした。チュンチュン焼きにできるかな?

その方法を「色相シフト」というんだそう。SAO合成だと、赤い波長であるHαをRGBのGに当てはめちゃっているから、本来の色とは真逆の表現になっちゃっている。これを実際の波長に寄せていくという作業らしい。

以下、星ナビ2017年12月号のぴんたんさんの連載「ナローバンドで星雲を撮る3」の受け売り。詳細を書いちゃうとお商売の邪魔になるから、かいつまんで備忘録にしておくよ。詳しくは星ナビを読んでね。

(1)フォトショップを使う
(2)ステライメージなどでSAO合成した画像を開く
(3)調整レイヤーの特定色域の選択を開く
(4)イエロー系、グリーン系、シアン系について、それぞれシアン、マゼンタ、イエローのパラメータをいじる

手順はこれだけなんだけど、パラメータが味噌。家庭によって味が違うみたい。星ナビ連載の作例だと緑が茶色に寄っていく。私の場合は元画像が悪いのか、作例のように茶色にはならず、緑系のままで止まってしまった。
M42-sao_色相シフト.jpg
クリームソーダから抹茶くらいにはなったので、まあいいや。理屈と手順は分かったので、ちゃんと写真が撮れたときに改めてやってみる。


---------
おまけ
けむけむさんが「ASO(阿蘇)合成どーなっとんじゃ!」と心配されているので、ASOを貼っておきます。怪しいお店のネオン看板のような雰囲気
aso.jpg

"SAO画像の色相シフト" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: