12コメント

ハッブルパレットにまつわるあれこれ

ナローバンドネタ続きます。ナローバンドフィルターが通す波長と光のスペクトルの対応をみてみると、HαとSIIが赤で、OIIIが青ということが分かる。そんな赤を無理やり緑に充てるわけだから、見たことのない色になるのは当然というわけですね。
輝線.jpg
緑の波長を通すフィルタがあるのかないのか知らないけれど、そんなナローバンドフィルタが売られているのを見たことがないです。

SIIを赤に、Hαを緑に、OIIIを青にあてはめる組み合わせをSAO合成といいます。英語ではSHO。波長の長い順にあてはめた組み合わせだそうです。これがハッブルパレットと呼ばれているのは、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した有名な「創造の柱」がこの組み合わせだったからみたい。

Pillars of Creation.jpg
提供:NASA
http://hubblesite.org/

Hubble Goes High-Definition to Revisit Iconic 'Pillars of Creation' - NASA
https://www.nasa.gov/content/goddard/hubble-goes-high-definition-to-revisit-iconic-pillars-of-creation

ハッブル宇宙望遠鏡といえば、『ハッブル宇宙望遠鏡 25年の軌跡』という大型本が美しいです。写真集を手にすることはあまりありませんが、これは部屋に置いてあって、たまに開いては癒やされています。



ハッブル宇宙望遠鏡は、1990年4月、スペースシャトル「ディスカバリー」で打ち上げられました。主鏡は直径2.4メートル。副鏡は30センチ。

鏡面検査の不備が原因で、当初はピンぼけ写真を連発していたことが知られています(その後、修理されました)。この本によると、ハッブルには、41種類のフィルタがあるんだそうです。すんげーな。お金持ちだな(そこか?)。

ついでに、ハッブルに積まれていたWFPC2というカメラのスペックが出てたので一部転載。

観測波長(Å) 1150~11000
画素数(pix) 800 x 800 x 3(3枚組?)
画角 150° x 150°
リードノイズ 5.5e-

感度を上げるためにピクセルサイズを大きくしたんですね。F12.9で1ピクセルあたり0.1秒角の分解能があったんだそうです。320キロ離れたところから野球ボールの大きさを見分けられる分解能だとか。すんげーな。

話がそれちゃったついでに、あぷらなーとさんの入魂シリーズ「ハッブル宇宙望遠鏡に迫る試み」の「創造の柱」版に期待したいところ。変態あぷらなーとさんのことだから、そのうち手持ちのVMC260を宇宙に打ち上げてくれますよ!

ハッブル宇宙望遠鏡に迫る試み
http://apranat.exblog.jp/24744990/
http://apranat.exblog.jp/24746895/

"ハッブルパレットにまつわるあれこれ" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: